苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102 電子書籍版

  • 苦しむ外食産業―週刊東洋経済eビジネス新書No.102 電子書籍版
  • 週刊東洋経済編集部

    220円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    牛丼チェーンの「すき家」やファミレス「ココス」などを傘下に抱えるゼンショー、日本マクドナルド、さらには居酒屋のワタミ……。外食業界を代表する大手企業が、2014年度決算で多額の赤字に陥った。競争激化に原材料高、人手不足などの問題を抱える外食業界は、この窮地を克服することはできるのか。 また、「マクドナルドの不振は、原田前社長時代の改革のツケ」との批判は正しいのか。2006年の『週刊東洋経済』掲載記事から原田時代に迫る。さらに、ブラック問題で非難集中「すき家」の小川社長インタビューも掲載! 本誌は『週刊東洋経済』2014年12月6日号、2006年8月5日号掲載の21ページ分を電子化したものです。●●目次●●逆風吹き荒れる外食業界日本マクドナルド「チキン問題で巨額赤字に」原田改革の超真相Interview 原田泳幸 日本マクドナルドホールディングス代表取締役会長兼社長兼CEO(当時)松屋、吉野家、すき家「泥沼の安売り競争で疲弊」すかいらーく「勝ち残りへの改革続く」ワンオペの大きな代償。すき家、営業縮小で窮地バイト集まらず、外食各社が悲鳴Interviewゼンショーホールディングス会長兼社長 小川賢太郎「すき家のブラック批判にすべて答える」

作品情報

出版社
東洋経済新報社
提供開始日
2015/03/20
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧