逆発想の10倍仕事術 「できる人」になる話し方とアイデア術 電子書籍版

  • 逆発想の10倍仕事術 「できる人」になる話し方とアイデア術 電子書籍版
  • 松本幸夫

    550円(税込)

    • 本作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。詳しくはこちら

    作品内容

    本書は、読者に、“普通とは異なる発想(逆発想)を身につけた、仕事が10倍「できる人」”に最速でなってもらう工夫を凝らした一冊だ。たとえば、・プレゼンの際、うるさい場所では小声で話しだすほうがいい・断られたら感謝すると、うまくいく・マイナス要素もそえて話すほうが、信用され、説得力が出る・ロベタでも、いやむしろロベタのほうが話し上手になれる・プレゼン時にあえて視覚要素を排除することを心がける・価格交渉をされたら、価格では応じないこと・正しいことを主張するよりペーシングが大事(「嫌われる有能」は無能に等しい)・吐く息を長くすると集中力が高まる・アイデアを限界までたくさん出すと、むしろアイデアのネタはさらに出始める・ある行動に疲れたら、違う行動をすることで積極的に休むことができる 本書でご紹介する膨大な数のテクニックが、あなたの能力と魅力を10倍に引き出すと松本氏は確信する。「能力」というのは、「他人が認める」ことによって初めて生きるものだ。そして「能力」を開花させるには、普通とは異なる、ある種の逆転した発想(逆発想)にもとつく裏ワザ的な仕事術への開眼も必要となるのだ。松本氏は、発想を変え、まずは、もっと自分の実力、良さというものを認めてもらう努力をしたほうがいい、ということを指摘する。 それには、まず、プレゼンテーション能力を高めることにつきる。プレゼンとは、何も大々的に大人数を前に行なうようなものばかりを指さない。自分の意思を伝えるのであれば、それは仮に視覚器材などを用いなかったとしても、プレゼンテーションと呼んでおかしくない。たとえば、会議で自分の意思を発表すること、研修会の中で発言すること、小集団での活動や商品説明など、おそらく意識していなくても、かなりの人は、仕事の中でプレゼンテーションをしている。では、あなたは常に、満足のいく結果を出せているか?堂々と、自信のあるプレゼンができているか?知っておくべきは、「プレゼン下手は損をする」ということだ。さらに、プレゼン能力や交渉力を生かすためにも、「コミュニケーション能力」を高めることを忘れてはいけない。本書では、こうしたスキルの磨き方がふんだんに盛り込まれている。 本書でご紹介するポイントをすべて見直して、実践していったなら、イヤでも仕事の「できる人」となれるエッセンスが身に付き、「できる人」へと変身できる。

作品情報

出版社
パンローリング
提供開始日
2022/02/18
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧