国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来 電子書籍版

  • 国債の歴史―金利に凝縮された過去と未来 電子書籍版
  • 富田俊基

    5940円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。絶対王政時代から第2次大戦後まで500年間に及ぶ、世界の国債市場の歴史をたどる。国債の金利は常に歴史の行く末を見通していた。財政論議に貴重な示唆を与える大著。【主な内容】はじめに序 章  市場の警告第1部  誕生と試練第1章  イギリス国債の起源第2章  コンソルの誕生第3章  アムステルダムの外債市場第4章  ナポレオン戦争で試された英仏の国債市場第2部  深化と拡大第5章  ヴィクトリア朝の黄金期第6章  南北戦争:グリーンバックとグレイバック第7章  明治維新と国債第8章  ロンドン外債市場第3部  破綻から一時安定へ第9章  ワイマール共和国のハイパー・インフレーション第10章  帝政ロシア国債のデフォルト第11章  イギリスの五%戦争第12章  ポワンカレの奇跡第4部  閉鎖経済に国債を詰め込む第13章  国債の日本銀行引受第14章  ナチスの国債第15章  イギリスの三%戦争第16章  長期国債二・五%の金利天井:アコードの検証おわりに

作品情報

ページ数
550ページ
出版社
東洋経済新報社
提供開始日
2015/03/25
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧