国債累増のつけを誰が払うのか 電子書籍版

  • 国債累増のつけを誰が払うのか 電子書籍版
  • 富田俊基

    1584円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    日本の政府債務の規模は、禁止的水準にまで高まった。世界的な財政健全化の流れに取り残された日本はどうなるのか。財政規律を確立する方途を提示する。【主な内容】第一章 国債が激増した一九九〇年代第二章 国債累増は破綻をもたらすか第三章 レーガンの赤字はどう克服されたか第四章 欧州主要国の赤字削減方法第五章 財政健全化をどう進めるか

作品情報

出版社
東洋経済新報社
提供開始日
2015/02/13
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧