私は昨日まで日本を愛していた 電子書籍版

  • 私は昨日まで日本を愛していた 電子書籍版
  • 里中李生

    1430円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    困ったときに助けてくれるのは、社会ではない。お金でもない。新型コロナへの杜撰な対応、強行される五輪。それを責めるだけの民度の低い国民。本書は、愛国者である著者が日本を憎むようになった話と、そんな社会でどう生きればいいのかを考える「希望の書」である。幸せになるための答えを、私たちはすでに知っている。【著者メッセージ】あなたが本質的に持っている優しさは、私が持っているそれとは違うかもしれない。その、あなたなりの優しさを与え続けていたらいいのだ。【目次】●第一章 行き詰まる、国苦しむ国民にお金を渡したくない国人の夢に優劣を付ける国バカな方策で国民を犠牲にする国世界でいちばん税金の高い国人と人とが愛し合えなくなる国「美徳」で自殺を増やす国●第二章 絶望的な、日本の民度子供にキラキラネームを付ける人たち新型コロナ禍に感染対策をしない人たち陰謀論を信じ込む人たち「自分のせい」を認めない人たち病んでいる人たちお金の話かしない人たち歴史を学ばない人たち権力者に洗脳される人たち女性を苦しめる女性たち一方的な見方しかしない人たち●第三章 あなたたちは、幸せになれるあなたたちはまだ若い日本と日本人の良いところ危機管理能力を持て「何を求めるのか」を明確にするお金と愛を手に入れることが成功私は勝ったのだ強くなろうと決めたこっそり頑張れば、夢は叶う人のために生きる人に学ぶ凡庸な連中の仲間入りをしないでほしいあなたなりの優しさを与えればいい

作品情報

出版社
イースト・プレス
提供開始日
2021/10/28
ジャンル
文芸

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ