日本人が誤解するSDGsの本質 電子書籍版

  • 日本人が誤解するSDGsの本質 電子書籍版
  • 名和高司

    990円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    昨今、さかんに叫ばれているバズワード「SDGs」。これが今後の企業経営においてどういう意味を持つか、明快に答えられる人はどのくらいいるだろうか。本書では、一橋大学大学院特任教授を務め、ファーストリテイリング、味の素などの社外取締役としても活躍する名和高司氏が「SDGsの本質」を明らかにし、欧州、新興国、そして日本企業を例に取り、その先を展望する。章立ては次の通り。第一章 「SDGs」がビジネスで浸透しないワケ第二章 CSV発祥の地・欧州に学ぶ「これからの企業」の生きる道第三章 新興国の名経営者が「利益」より大切にするもの第四章 「本当に良い服」でCSVを追求するユニクロ第五章 新SDGsに勝機を見いだせ~変革を求められる商社これからのビジネスを持続可能なものとするには、SDGsで掲げられた社会課題の解決に立脚していることが不可欠となる。それを実現するのが、本書で紹介する「CSV:共通価値の創造」と呼ばれる経営モデルだ。これからのニューノーマル時代を生き抜く切り札として、すべてのビジネスパーソンが知っておくべき「CSV経営」実践のための手引書。

作品情報

出版社
ニューズピックス
提供開始日
2020/12/25
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧