それを小説と呼ぶ 電子書籍版

  • それを小説と呼ぶ 電子書籍版
  • 佐々木敦

    3025円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    「批評」の終幕、そして「小説」の到来。小説という問題への探求、その思考の足跡をすべて刻んだ文芸批評家としての最後の主著。これは「小説」の到来をめぐる書物である。「小説」は誰かに(私に?)よって書かれるのではなく、誰かのところに、私のところに、或る時、とつぜんにやってくるのだ。私はそう思っている。――あとがきより ボルヘス、高山羽根子、ウィトゲンシュタイン、円城塔、保坂和志、マルクス・ガブリエル、筒井康隆、ゴダール、セザンヌ、ロラン・バルトetc. 「世界」「神」「無限」――、マクロなテーマについて思考することが、いつのまにか「小説」の到来を呼び込む、そんな目論見に沿った論述は、どこに向かうのか?

作品情報

出版社
講談社/文芸
提供開始日
2020/11/25
ジャンル
文芸

作者の関連作品作者の作品一覧