探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる【電子特典付き】 電子書籍版

  • 探偵くんと鋭い山田さん 俺を挟んで両隣の双子姉妹が勝手に推理してくる【電子特典付き】 電子書籍版
  • 玩具堂

    704円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    新学期――俺は失敗した。親の仕事が探偵だと口走ってしまったせいで、クラスメートから相談が持ち込まれるようになったのだ。絶版した小説の犯人当て、美術部で振るわれたナイフの謎、面倒なことになったと頭を抱える俺だったが--「それさ、そもそも事件じゃないね~」「多面的な考え方も取り入れたらどう? 戸村君」何があっても山田姉妹は平常運転、鋭い推理でスパッと解決していく。最初は気に食わなかったけど、本気で推理する彼女たちは今では尊敬の対象だ。……が、話すときの距離、近すぎない!? 熱くなるのは分かるけど、これ完全に狙ってるよね!?山田さんたちと俺の少し甘めな、本格派学園ミステリー。【担当編集者コメント】第15回スニーカー大賞《大賞》受賞作家作品とあって、さすがの読み応えです。特に、憂鬱なことを考え方一つで楽しくひっくり返す、山田さんの思考力は圧巻。嫁にしても、彼女にしても、幼なじみにしても、こんな切れ者はいません。隣に置きたい。オススメしたい読者様は、・10代後半~最近の《沼あま》ラブコメ設定とは違った雰囲気をお探しの方。・30代~青春学園ものの古き良き頃をご存じの方(まさにそれって空気感です)。思考を巡らせる面白さを追求したので、児童文庫からのランクアップにもぜひ。【電子特典】として、短編「訊かないでほしいことほど訊かれる気がするのはたぶん、訊かないでほしいことを訊かれた時だけ記憶に残るから」を収録。

作品情報

出版社
KADOKAWA
提供開始日
2020/05/25
ジャンル
ライトノベル
連載誌/レーベル
MF文庫J

同シリーズ

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ