会社四季報2016年3集夏号 電子書籍版

  • 会社四季報2016年3集夏号 電子書籍版
  • 会社四季報編集部

    1980円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。【ご注意ください!】・電子版には、冊子版付録の『会社四季報オンライン2週間無料体験ID』はございません。・本コンテンツは冊子版の約2000ページを電子化した、約500MBの大型電子雑誌です。ご利用いただく環境によっては、ダウンロードに時間がかかったり、一部ページの濃淡が明瞭でない場合がございますが、あらかじめご了承ください。・本コンテンツに証券コードや社名での検索機能はございません。巻頭の五十音順索引ページから各社の証券コードあるいは掲載ページをお調べになるか、証券コードをご存じの場合は目次からのリンク(証券コード1000番単位)をご利用ください。●特集●・【創刊80周年 特別調査】シェア首位企業を探せ・【定期調査】想定為替レートは大幅な円高に●巻頭ランキング●・[01]営業増益率ランキング・[02]連続増配ランキング・[03]ROE改善度ランキング・[04]設備投資増加率ランキング・[05]研究開発費増加率ランキング・[06]低PERランキング・[07]低PBRランキング・[08]月別予想配当利回りランキング・[09]実質配当利回りランキング■■概要■■今年6月7日を持ちまして「会社四季報」は創刊80周年を迎えることができました。今号は「創刊80周年記念号」です。これも読者の皆さまの長年にわたるご愛顧あってこそと、あらためて感謝申し上げます。今号は創刊80周年を記念し、創刊号を表紙に掲載しています。内容についても、巻末には「シェアNo.1企業を探せ! 」と題した80周年記念特集を組み、全体のページ数も前号から16ページ増やしました。「会社四季報」の創刊は、2.26事件のあった1936年です。以来、戦前、戦中、戦後を通じ、「会社四季報」は全上場企業と向き合い続け、時代とともに誌面の形は変化してきましたが、常に「会社四季報」記者は、独自に上場企業を分析し、独自に上場企業を評価してきました。現在では「会社四季報」は、100人以上の業界担当記者を擁し、3600社強の全上場企業をフルカバーし、今後の業績見通しは完全2期予想を行っています。「会社四季報」の最大の長所は、記者が独自に企業業績や配当を予想していることです。企業の発表情報のみにとらわれず、個別取材や独自の分析に基づき、業績予想や記事執筆を行っています。業績予想について言えば、多くの上場企業は、自社の今期の業績計画を公表していますが、その姿勢は保守的なものから楽観的なものまで、千差万別と言って良いでしょう。「会社四季報」記者は、独自に業界環境や企業財務、そして企業のクセを分析し、そして独自取材に基づき業績予想を作成し、記事を執筆します。夏号では、全上場企業の7割を占めている3月期決算企業の前期本決算を取り込んでおり、多くの企業は、新たに2017年3月期の業績計画を公表しています。はたして、これは根拠があり妥当性のあるものか否か。会社予想は強気なのか弱気なのか。四季報予想はどうするか。期初とはいえ、四季報の業績予想が記者の腕の見せどころであることは間違いありません。会社側の予想と四季報予想が異なる場合、その理由は記事部分で今期業績を解説する業績欄に詳述されます。一方で、今後の成長性や最近のトピック解説、市場注目の材料、自己株取得への姿勢などについては材料欄で触れられます。こうした内容を、9行のコンパクトな解説記事にまとめています。四季報には、好業績企業に便利な「雑誌誌面だけ」のオリジナルマークが2つあります。 会社計画より記者予想が強気な会社は「笑顔マーク」、今号計画が前号予想より強気な会社は「上向き矢印」が欄外についています。また記事のタイトルでも、四季報が会社予想より強気な【独自増額】【増額】【再増額】、弱気な【減額】も見逃せません。世間の多くの方が気づいていない、2016年度の好業績企業を 創刊80周年の会社四季報で探して、株式投資はもちろんのこと、営業先開拓などのビジネスユース、就職研究などに、ぜひぜひお役立てください。創刊80周年を迎えた「会社四季報」は、みなさまとともに、今後は創刊90年、100年、150年を目指して歩み続けます。今後も変わらぬご愛顧をお願い申し上げます。

作品情報

ページ数
2035ページ
出版社
東洋経済新報社
提供開始日
2016/06/14
ジャンル
雑誌

作者の関連作品作者の作品一覧