経済英語の超基礎30~営業・購買編。一問一答クイズ形式、頻出用語30語の学習と理解度テスト10語 電子書籍版

  • 経済英語の超基礎30~営業・購買編。一問一答クイズ形式、頻出用語30語の学習と理解度テスト10語 電子書籍版
  • 杉本京子

    328円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    20分で読めるミニ書籍です(文章量15,000文字程度=紙の書籍の30ページ程度)「役立つ」「わかりやすい」「おもしろい」をコンセプトに個性あふれる作家陣が執筆しております。自己啓発、問題解決、気分転換、他の読書の箸休め、スキルアップ、ストレス解消、いろいろなシチュエーションでご利用いただけます。是非、お試しください。書籍説明*本書は、ブログ「知的印象UP★就活カタカナ英語クイズ」を加筆再編集し、ブログにはなかった理解度テストも加えてボリュームアップしたものです。現在、ビジネスは世界同時進行で動いています。仕事で使うさまざまなシステムやツールも英語。外資系企業や海外部門でなくても、英語やカタカナ用語にふれる機会は格段に増えたと言ってよいでしょう。たとえば、よくある上司の指示。「代理店とのミーティングがあさっての10時にリスケされたから、グループウェアを更新しておいて。先方から届いたアジェンダを転送しておくから、部門のドキュメントサーバーにアップしといてくれる?」何となくわかっているつもりでも、この会話に出てきたカタカナ用語の元になっている英単語とその意味は?と聞かれると、答えに詰まってしまう人もいるかもしれません。答えはミーティング=meeting(会議)、リスケ=reschedule(計画を変更する)、グループウェア=groupware(組織内情報共有ソフト)、アジェンダ=agenda(議題、検討課題)、ドキュメント=document(文書)、サーバー=server(ネットワークで… 以上まえがきより抜粋

作品情報

出版社
まんがびと
提供開始日
2015/09/18
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧