宮脇俊三 電子全集9 電子書籍版

  • 宮脇俊三 電子全集9 電子書籍版
  • 宮脇俊三

    1100円(税込)

    • 本作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。詳しくはこちら

    作品内容

    11年の時を経て、未開通だった鉄路を乗り終え台湾一周全線制覇!黒岩保美氏の精細な絵と宮脇の文章で鉄道をやさしく説く絵本。『豪華列車はケープタウン行』は台湾、ヴェトナム、南アフリカ、ブラジル、マレー半島の鉄道紀行を収めた作品である。ブラジルの章は奥方とのツアー旅で鉄道に乗車する記述があまりないものの、他の章には同行編集者と繰り広げられる汽車旅がユーモアあふれるタッチで綴られている。「台湾一周、全線開通」の章では、本シリーズ第5巻『台湾鉄路千公里』に収録した宮脇の海外鉄道紀行第一作中、未開通だった台東―高雄に乗車することで台湾一周の鉄道旅を成し遂げた。11年前と比べて、著しく発展する台湾の鉄道と経済の変貌ぶりが伺える。 この巻には宮脇が文章を担当、絵は黒岩保美氏による絵本が4冊収録されている。黒岩氏は国鉄に入社後、車両の意匠に携わった。現在のグリーン車のクローバーのロゴも黒岩氏の手によるものだ。『スイス鉄道ものがたり』『シベリア鉄道ものがたり』『青函連絡船ものがたり』『御殿場線ものがたり』はそれぞれ、海外の有名な鉄道、また国鉄時代の青函連絡船や御殿場線の歴史や魅力に触れ、子供のみならず多くの鉄道ファンに受け入れられる内容である。 付録「宮脇俊三アルバム」ではスイス、シベリア取材時の写真を初公開!付録:宮脇俊三アルバム、連載『最長片道切符の旅』自筆原稿 など2点フィックス型EPUB136MB(校正データ時の数値)。【ご注意】※この作品はレイアウトの関係で、お使いの端末によっては読みづらい場合がございます。タブレット端末、PCで閲覧することを推奨します。この作品はカラー版です。

作品情報

ページ数
473ページ
出版社
小学館
提供開始日
2015/07/24
ジャンル
文芸
連載誌/レーベル
宮脇俊三 電子全集

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ