英語をやっていて、本当によかった。 電子書籍版

  • 英語をやっていて、本当によかった。 電子書籍版
  • 吉越浩一郎

    880円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    本書の著者、吉越浩一郎氏は、英語のほかにドイツ語とフランス語を話す。そんな彼がこういっている。──外国語ができると人生の幅が広がる。人より良い仕事をする機会に恵まれ、多くの人に出会える。また、違った文化を知ることでユーモアの幅も広がり、楽しいことにもたくさん巡り会える。特に、英語ができるようになることは、人生に多くのチャンスをもたらしてくれると。本書の見出しを紹介しよう。◎「文法の勉強は、英会話には役に立たない」というのは間違い◎発音なんか気にしなくてもいい◎言い間違い、聞き間違いは気にしない◎外国人とのビジネスでは、「英会話力」よりも「中身」が肝心◎聞き流すだけでもヒアリング力は身につく◎モチベーションを高めるためにTOEICで目標を作る◎日本人同士の会議を英語でやる必要はない等々、社会人になってからもう一度、英語の勉強をして英語を話せるようになりたいという人に最適のものとなっている。

作品情報

出版社
ワック
提供開始日
2012/12/28
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ