貧困の戦後史 ──貧困の「かたち」はどう変わったのか 電子書籍版

  • 貧困の戦後史 ──貧困の「かたち」はどう変わったのか 電子書籍版
  • 岩田正美

    1705円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    敗戦直後の貧困は「食べるものすらない」という「かたち」で現れた。こうした中で、戦争により生み出された浮浪者や浮浪児の一部は炭鉱へと送られた。そこで生まれ育った若者の多くは集団就職で都会へと出ていき、その一部は「寄せ場」の労働者となった。高度経済成長により実現した大衆消費社会は多重債務問題をもたらし、バブル崩壊はホームレスを生んだ――。戦後日本の貧困の「かたち」がいかに変容したかを描き出し、今日における貧困問題の核心を衝く。

作品情報

出版社
筑摩書房
提供開始日
2020/10/23
ジャンル
ビジネス・実用
連載誌/レーベル
筑摩選書

作者の関連作品作者の作品一覧