13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力をのばす心情語600 電子書籍版

  • 13歳からの「気もちを伝える言葉」事典 語彙力&表現力をのばす心情語600 電子書籍版
  • 矢野耕平

    1793円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    ★ これからの時代に役立ち、学力や面接で差がつく! 「論理的な思考」「コミュニケーション力」「TPOによる使い分け」。★ 「まじ、ヤバい!」だけではなく、気持ちを正しく伝えるには? ★ 大人とのすれ違いの原因がわかる。◆◇◆ 監修者からのコメント ◆◇◆「決まり文句」を卒業して心情語の扉を開く何かイヤなこと、不快なことが起きたら、みなさんはどんなことばを発しているでしょうか。「きもい」「うざい」「やばい」……それとも「むかつく」? そんな「決まり文句」を連呼していませんか? 周りの友人たち、もしかしたら大人たちを思い出してみても、やはり同じかもしれません。では、そもそも日本語には心情をあらわすことば(これを「心情語」と呼びます)は少ないのでしょうか? そんなことは決してありません。日本の心情語は外国語と比べても、実に多彩であると言われています。その時々の心情の「近似値」となる心情語があるはずです。フィーリングプアにならないためにわたしは進学塾で20年以上指導をしてきましたが、みなさんが、少しずつ豊かな心情語を忘れていっているように思います。代わりによく聞くのが、すでに述べた「きもい」「うざい」「やばい」……。繰り返して言いますが、日本には豊かな心情語があるのです。せっかくたくさんの心情語があるのに、数少ない決まり文句だけで済ませてしまうなんてもったいないと思いませんか? 本書を通じて、みなさんに一語でも多くの心情語を学んで身につけてほしい。本書で学習することは、小説の読解問題の対策になるでしょう。また、作文(小論文)を書きあげたり、プレゼンをしたりする上でも効力を発揮します。しかし、それらは副産物に過ぎません。多くの心情語を自身の言葉として獲得すればするほど、みなさんは感情的に豊かな人間、つまり「フィーリングリッチ」に近づくことができるのです。矢野耕平※ 本書は2014年発行の『13歳からの言葉事典「まじ、ヤバい!」気もちを正しく伝えるには?~語彙力&表現力をのばす心情語600~』を元に、加筆・修正を行った新版です。

作品情報

ページ数
146ページ
出版社
メイツ出版
提供開始日
2019/04/04
ジャンル
ビジネス・実用
連載誌/レーベル
コツがわかる本

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ