週刊粧業 第3222号 電子書籍版

  • 週刊粧業 第3222号 電子書籍版
  • 週刊粧業編集部

    600円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/訪販化粧品●◎ポーラ、新B.Aローションが好調な売れ行き~オンライン推進でリアル接点を強化●◎ノエビア、通販サイト「ノエビアスタイル」の活用推進~コロナ禍に対応する既存2品が堅調に推移●◎日本メナード化粧品、独自の支援策でリレーション強化~オンライン活用は教育面で収穫●◎ナリス化粧品、新たな需要喚起に使い方動画が一役~自由に場所を選べる新エステも開発●その他掲載企業・団体/オッペン化粧品、フォーデイズ、シャンソン化粧品、マリアンボレ、ペレ・グレイス、日本訪問販売協会、訪販化粧品工業協会●■花王・ライオン、リサイクリエーション活動の協働を開始●■花王、ワンウェイプラスチックで資源循環型モデルの実証を開始●■ユニ・チャーム、九州工場の全ての電力をグリーン電力へ●■ローソン、洗剤「エコストア」の量り売り実験を開始●■ロート製薬・マツキヨ、化粧品プラスチック容器をリサイクル●■粧工連、「将来ビジョン2022」の進捗を説明~今年は「次世代リーダー研修」をスタート●◎塩島委員長、2019年の活動実績、20年の取り組みを報告●◎魚谷会長、粧工連と東化工の統合について言及●■化粧品コンサルタントが教えます 最新・ヒットの法則~法則72 withマスクの美容市場●■イオンモール、海外・国内とも物販の回復は順調~ニューノーマルに対応し、デジタル化を推進●◎中国の事例を日本・アセアンに水平展開●■ロフト、10月18日までコスメフェスティバル開催●■流通記者50年 「経営トップとの交流の中で」(週刊粧業 顧問 加藤英夫)~第33回 「過疎地にも敢えて出店」(サツドラホールディングス 冨山睦浩会長)●■7月の化粧品、出荷金額15.8%減、5カ月連続で2ケタ減~頭髪用、皮膚用が踏みとどまる中、仕上用が4割減に●■7月の家庭用洗浄剤、出荷額2.6%増、2カ月連続でプラス成長~コロナ禍で手洗用・液体石鹸が50%増、全体を牽引●■小売ナビ/ファンケル 銀座スクエア~創業40周年の節目に全館刷新、最新機器導入で体験価値を提供●■資生堂、2020秋季オンラインセミナーを開催~「エフォートレス美容」「オンラインメーク」など最新トレンドを紹介●◎コロナ禍で「エフォートレス消費」はさらに加速●◎オンラインメークは「きちんと感」が重要●■資生堂、メークテクニックを提案するオンラインサービス導入●■コーセー、「Maison KOSÉ」で雪肌精の世界観を表現●■コーセー、永野芽郁を雪肌精クリアウェルネスのミューズに起用●■中国ECでは「商品画像&タイトル」に注力!(記事提供元:メジャーチャイナ)●■マンダム40代男性の印象肌研究をもとにWebセミナーを開催●◎40代男性は自身を若く認識も、コロナ禍で老け顔を実感●◎マスク着用時の印象アップに目元ケア(見た目改善)を啓発●■ヒット商品母子手帳/第285回 コーセーマルホファーマ「Carté(カルテ) ヒルドイド」~注目の新ブランドが好スタートを切る●■コーセー、DECORTÉ Concierge Channelの動画再生数が700万回突破●■アッシュ、社員限定の教育サイトでの技術教育を強化●■ちふれ化粧品、ちふれブランドのASEANでの販路を拡大●■ノエビア、小・中学生対象の海の子留学で第7期留学生の募集を開始

作品情報

ページ数
16ページ
出版社
週刊粧業
提供開始日
2020/10/06
ジャンル
雑誌

同シリーズ