週刊粧業 第3220号 電子書籍版

  • 週刊粧業 第3220号 電子書籍版
  • 週刊粧業編集部

    600円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    化粧品業界人必読の週刊新聞。毎号、独自取材記事や特集記事が満載です! ●■特集/生理用品●◎ユニ・チャーム、オーガニックシリーズに夜用を投入~昼夜使用の促進でさらなる市場拡大へ●◎花王、消臭機能を付与した新シリーズ発売~「日本で唯一」活性炭消臭シートを採用●その他掲載企業/小林製薬、インテグロ、コットン・ラボ●■特集/入浴剤●◎花王、バブから「湯質を変える」新提案~使用動機づけに無香料タイプも●◎バスクリン、疲れの変化に着目し「きき湯」を~改良、短時間入浴への対応も●その他掲載企業/白元アース、ホットアルバム炭酸泉タブレット、マックス●■ライオン中間決算、衛生関連品が好調で増収増益~下期は、衛生品・オーラルケア・中国事業の強化を重点テーマに●◎ビューティケア分野、ハンドソープが全体を牽引●◎中国は日本品を軸に売上拡大、開発体制の強化で成長加速へ●■小林製薬、第2Qは減収も当期純利益は増益~通期純利益は22期連続増益の達成めざす●◎国内はインバウンド低迷が響いて1.6%の減収●◎国際は中国事業の育成強化へ、医薬品(外用薬)の販売開始も●◎下期、withコロナに合わせた新製品10品を発売へ●■JACDS、法人格取得し、次の20年を見据えた活動を●■Genky DrugStores、新中計で高速出店推進し売上倍増~自前の店舗開発が最大の課題に●■サツドラHD、ドラッグストアと周辺事業の連携で地域密着を深耕●■サンドラッグ第1四半期、ディスカント事業の寄与で2ケタの経常増益●■キリン堂HD、コロナ特需で業績予想を上方修正●■薬王堂HD第1四半期、コロナ関連商品の寄与で2ケタの増収増益●■株式会社通販総研・船生千紗子(ふにゅう・ちさこ)氏「化粧品通販ビジネス実践講座」(vol.82)~安易なコスト削減は要注意●■イオンリテール、SCの新フォーマット「イオンそよら」の展開へ~東名阪を中心に23年度までに10SCを計画●■セブン&アイHD、米国3位のコンビニ、スピードウェイを取得へ~営業利益1000億円の底上げを視野に●■イズミ第1四半期、専門店の休業で減収減益~小売事業は食品の寄与で増益●■流通記者50年 「経営トップとの交流の中で」(週刊粧業 顧問 加藤英夫)~第31回 「母が教える顧客サービスの徹底」(ドロシー レーン ノーマン C.メインCEO)●■小売ナビ/東急百貨店「+Q(プラスクスタイル)」~駅直結の五反田東急スクエアに出店●■アルビオン、熊谷事業所「K1200プロジェクト」が結実●■ライオン、本社と全ての工場でRSPOサプライチェーン認証を取得●■BASF、UVA防御成分の製造ラインを台湾・高雄工場に新設~アジア太平洋地域の需要の高まりに対応、2022年半ばから追加供給が可能に●■キヤノンITソリューションズ、Wechatと連携した模倣品対策が好調●■資生堂、「エリクシール」新ブランドミューズ発表会を開催●■小林製薬、秋の新製品14品目で初年度売上32億円を目指す●■ジーユー、新コスメブランド「フォーミーバイジーユー」を投入●■ユナイテッドアローズ、スキンケアブランド「ジュース」を発売●■マツキヨ、日本初の角質ふきとりケアもできるシワ改善化粧水発売●■ヒット商品母子手帳/第283回 ときわ商会「ノンウィル ひんやりマスクミスト」卸機能に加え、ニーズを汲んだ商品開発●■あらた、物流、IT等への積極的な投資で30年3月期に1兆円へ●■メディパルHD、デジタル投資でヘルスケアのインフラづくりを●■ライオン、トップ スーパーNANOX新製品説明会を開催●◎家事初心者でもできる洗濯のコツをお洗濯マイスターが解説●◎同社初となる100%リサイクルPETを採用●■ライオン、LOHACOと共同でIoTハブラシのテスト販売を開始●◎子どもが歯みがきを飽きずに長く続けられる工夫が随所に●◎子ども一人ひとりに合った習慣化のサポートを実現●■花王、容器から一定量の液が出せるらくらくスイッチを実用化●■カネカ、生分解性ポリマー「PHBH」が資生堂の化粧品容器に採用●■ザ・ボイス/エムズサイエンス 代表取締役 山口 真 氏~ルールにとどまらない、「本当」の働き方改革とは

作品情報

ページ数
16ページ
出版社
週刊粧業
提供開始日
2020/09/15
ジャンル
雑誌

同シリーズ