経済用語イラスト図鑑 電子書籍版

  • 経済用語イラスト図鑑 電子書籍版
  • 鈴木一之

    1870円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    ※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。あなたは以下の言葉のうち、いくつわかるでしょうか?いくつ説明できるでしょうか?GDP、GNP、景気指標、短観、プライマリー・バランス、プライムレート、公定歩合操作、デフレ・スパイラル、フィンテック、リーマン・ショック、金融ビッグバン、量的金融緩和、マイナス金利政策、ヘッジファンド、NAFTA、WTO、貿易収支、デフォルト、IMF、ビジネスの世界では、これらのような経済用語が日常的に使われています。きちんと用語を理解していないと、さまざまな場面で困ってしまいます。たとえば、日々の打ち合わせの席で、「フィンテック」という言葉が出てきたとします。このとき、「フィンテック」という言葉をきちんと理解していないと、自分の意図と異なる動きを相手がしてしまいます。仕事は、関わるすべての人々(チーム)の「共通認識」があるなかで、具体的に進めるものだからです。チームの誰かが、用語を知らなかったり、用語を正しく理解していなければ、共通認識はできません。「ある程度、仕事が進んだ後で、大幅なやり直し」という、厳しい状況が生まれてしまいます。ただ、これらの用語のすべてを覚えるとなると大変です。用語が解説されている文字量が多い、とさらにハードルが上がります。そこで、本書は、やわらないイラストをふんだんに使い、専門用語をビジュアルで解説しました。上記のような言葉をはじめ、ビジネスマンなら「これだけは知っておきたい」経済用語が、絵で見てすぐわかります。ビジュアル解説する経済用語は約350個、さらに巻末の用語解説で約150の言葉を解説していますので、合計約500の「経済の用語」を理解することができます。ミクロ経済、マクロ経済といった普遍的な用語から、新聞、テレビで耳にする最新の経済用語まで、あますところなく解説していますので、すべてのビジネスパーソンに必須の一冊です。

作品情報

ページ数
306ページ
出版社
新星出版社
提供開始日
2018/04/17
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ