グロースハッカーが大活躍 おもてなしを科学する(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report(9) 電子書籍版

  • グロースハッカーが大活躍 おもてなしを科学する(日経BP Next ICT選書) 日経情報ストラテジー専門記者Report(9) 電子書籍版
  • 西村崇

    550円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    「日経情報ストラテジー」専門記者のデータ分析経営レポート(9)本書の平均読了時間約30分(約17,700字) 東京・銀座の和食店、がんこ銀座四丁目店。街の喧騒から隔離されたこのくつろぎ空間は、会食の場としての人気が高い。 実はこの空間が、過去数回にわたり工学的アプローチによる“おもてなし研究のフィールド”になったことをご存じだろうか。 商談にかかわる会食でも利用されるこの場で、十分な接客ができているのか─。それをつかむため“仲居さん”にセンサーを付け、行動を分析。 改善の結果、おもてなしのレベルと売り上げを高める成果を出した。担い手は、ITを駆使して顧客満足を高める“グロースハッカー”だ。様々な場でおもてなしのレベルアップを図る取り組みの今を追った。※本書は日経情報ストラテジー2014年6月号の特集記事「おもてなしを科学する」をスマホ向けに再構成したものです。【目次】星野リゾート、次の一手 高級旅館のおもてなしを“工学”するさらば、真心オンリーの接客スタイル “仲居センサー”で和食店を変革知られざる日本人グロースハッカーの躍進 A/Bテストで数億円の増収へ“おもてなしハードウエア”を作ろう 中年男性が乙女心をつかむテキストマイニングで店舗を強化 おもてなし専門組織がけん引顧客満足度トップ企業に学ぶ “気配りオペレーター”が提案営業おもてなし、5つの心得 顧客になりきって“旅”をしよう

作品情報

出版社
日経BP
提供開始日
2015/04/03
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧