神奈川県民も知らない地名の謎 電子書籍版

  • 神奈川県民も知らない地名の謎 電子書籍版
  • 日本地名の会

    569円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナスライト付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    文明開化の発祥地・横浜、古都・鎌倉、サザンオールスターズに歌われる茅ヶ崎、駅伝と温泉で有名な箱根……。新しいものから歴史まで様々な顔を持っている神奈川県。本書では、保土ヶ谷の「ホド」の意味は?七里ガ浜は七里もない!?川崎の「川」はどこの川のこと?など、身近な地名の意外と知らない不思議をクローズアップ!地名の由来から、新たな神奈川の魅力が発見できるかも!?[歴史と自然に彩られる神奈川県の地名]崖を意味する「ノゲ」が由来の野毛町、岬の形が稲藁を積んだように見えたから稲村ガ崎、水流がドウドウと鳴り響く様に起源をもつ等々力、境川のよどみを指す「淵沢(ふちさわ)」が転じて藤沢、古東海道の宿駅「いさま(夷参)」の「い」が落ちて座間、木材の集散地であった「アツメギ」が転じて厚木、地滑りによって巨石がゴロゴロ転がっているから強羅

作品情報

出版社
PHP研究所
提供開始日
2015/02/06
ジャンル
ビジネス・実用
連載誌/レーベル
PHP文庫

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ