LEON(レオン) 2014年12月号 電子書籍版

  • LEON(レオン) 2014年12月号 電子書籍版
  • LEON(レオン)編集部

    815円(税込)

    • 本作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。詳しくはこちら

    作品内容

    オヤジは決して若ぶってはいけません!お子さまにマネできないテクニック満載●シャープでスタイリッシュで、どことなくワルそうな雰囲気をもつ黒という色は、一方で、誰にでも似合いやすい定番色の側面をもつ色。今回はそんな奥深き色を大フューチャーしてお届けです!いつもはカラフルなビリヤードの球が、真っ黒になるだけでセクシーさは倍増!?言っておきますが表紙の写真、印刷ミスではありませんよ。あしからず(笑)。※別冊付録「ANGELAfromLEON」と「LEON×HUBLOT~男らしい腕元は「ウブロ」にあり!」は巻末に付属しています。●LEON2014年12月号●目次●LEONRECOMMENDS01まるで闇夜の雷!のような衝撃です「ルイ・ヴィトン」のモンダミエ・グラフィット●LEONRECOMMENDS02濡れないオヤジは極薄が好き「ロエベ」のハイキングジャケット●LEONRECOMMENDS03その下心おくびにも出さずにいられます?「アンドレアズ1947」のスカーフ●LEONRECOMMENDS04コレがいまどきな左岸のエスプリ!!「ベルルッティ」の「フォレスティエール」●“LEONRECOMMENDS05お洒落の本場も認めたコーディネートの参考書です「SnapLEON2014-2015秋冬号」絶賛発売中!!●”●LEONRECOMMENDS06モテるオヤジはトレンチが遊び着です「アクアスキュータム・マスターマインド」のコート●LEONRECOMMENDS07冬にあえてのレアな“白”「ボッテガヴェネタ」の白カモブルゾン●13周年スペシャルパーティー「HOTELdeLEON」開催決定!●連載「人の服見て、我が服直せ」タートルネックのこなし方●連載「モテるオヤジにゃウラがある」セバスティアーノ・グアルディさんのスタイル●LEONRECOMMENDS08なるほど“たったコレだけ”でコートの印象が変わります「ブルネロクチネリ」のコート●連載「定番こそSEXYの極み」ざっくりストールは“ぐるり”と“ダラリ”がキモ●連載「今月のしあわせグルマ」BMWM6GranCoupe×LaBelleEquipe●LEONRECOMMENDS09バイクオヤジは降りてもモテる「バーニーズニューヨーク」が叶えた夢のコラボ●連載「モテるモードの選び方」●LEONRECOMMENDS10forNIKITAこの輝きはお高い女性のサインです「ハリー・ウィンストン」のHWシグネチャー・バンドリング●LEONがあのブランドにエクスキューズ!DreamCollab.「Nano・Universe×Tatras」●★Specialcontents1★ただの“黒”よりモテる“黒”~オヤジはやっぱり色気があってナンボでしょ!?●アナタにとっての“モテる黒”とアノ子にとっての“モテる黒”●あのブランドもいまは黒がド旬です●“モテる黒”はリッチじゃなければイケマセン!!●着流し上手は黒のシャリ感セットアップの魅力を知っている●“キメの黒”といっても実はこんなにあるんです●アナタもアノ子もウレシイのは微光沢の黒コート●ルール不要の全身真っ黒●モテるキメのオヤジには黒の革小物さえあればいい●コレが持っておくべき“キメの黒”のアレコレ●実は“ヌキの黒”がオヤジの脱力リッチを格上げしてくれるという事実●だから“黒レザー”アウターは素材次第でなりたいアナタに●ヌキのタフ系アウターも黒ならモードにキマります●逆に黒パンでヌクならちょいユルなこの2本●“黒い柄”は大人の最高の遊び着です●コレがLEON別注の究極の黒タートル●モードの黒定番ご存じですか?●黒がちと不安なオヤジさんもクラシコの黒なら安心です●“初夜は黒い下着に限る”という以外な本音●黒い店がオヤジにもたらすムフフな効能●【モテる黒は、素材違いでぐっとお洒落になるんです】「ラルフローレンブラックレーベル」の冬の着こなし●【ちょいヌーディー時計で頂点を目指す】「クストス」の最新コレクション●【オヤジのレザーはリッチでクールな黒がいい】「コーチ」の新コレクション●【モテるオヤジに必要なのはタフでセクシーなこの2着】「ジャストカヴァリ」の新作アイテムに注目●【要は、オヤジのお洒落はここで揃うのです】「アマン」初のセレクトショップ「アスティーレハウス」がオープン●【結局モテるのは遊んだ顔してタッチが極上】「タトラス」の新作ダウン●【タフなアウターとワザありデニムで脱力リッチはさらに極まる】「ガス」の新作コレクション●【アイスランドで極リッチな泡をいただく】「ドンペリニヨン」のP2-1998●【半歩、が上手いオヤジは華やぎコートで静かに洒落る】「ポール・スミスコレクション」の新作コート2型●【イイ大人の足元は自分も周りもコンフォート】「アグオーストラリア」の新作シューズ●【やっぱり海が似合うのは“情熱ある時計”です】「パネライクラシックヨットチャレンジ」を現地取材●【拝啓、歩みを止めないオヤジ様へ】洒脱に進化した「ボリオリ」が「バーニーズニューヨーク」で展開!●【最旬イタリアオヤジはタフな“黒”がお好き】「アンドレアマビアーニ」のメンズコレクションが堂々のデビュー●【モテる勝負服は究極、この3つ】「デザインワークス」の最旬ワードローブ●LEONRECOMMENDS11この横縞がオヤジのヨコシマ心を叶えます「ジュンハシモト」のニット●★Specialcontents2★これぞ!モテるとウワサの「都市型ダウン」~今どきはシーンによって使い分け●【今季モテるイタリアンは“強印象”と“好印象”】「ストラスブルゴ」で手に入る今冬の一張羅●【オヤジのライフスタイルを彩る香りです】「フェラーリエッセンスコレクション」のフレグランス●【お手持ちのダウンで本当に満足ですか?】「ビームス」が提案する差別化ダウン●【女ゴコロを刺激するのは極上の輝きと語れるストーリー】「フォーエバーマーク」のダイヤモンドジュエリー●【アナタの日常を変えるのはイタリア生まれの最上質】「ムーレー」の新作ダウン●【遊んでシックなオヤジの柄はこの2着】「メイソンズ」のニューコレクション●【遊べるカシミアは肌触りがトロリ】リッチなオヤジにこそ「サイドスロープ」がオススメです●【ただのヴィンテージより“今”を感じるニューヴィンテージ】「ナイジェル・ケーボン」のピーコートがモテる理由●【オヤジのレザーはいまどき目線な“B-6”】「アヴィレックス」の革ジャン●【扉を開けば即始まるアナタの舞台はこの服とともに】「セオリー」の秋冬新作コートコレクション●【骨太オヤジにタフ艶アウター】「ディレイバイウィンアンドサンズ」のアウター●【ギラとリッチ!が“腕元マッチョ”の新たな一手】「ガガミラノ」の「ビバリーヒルズコレクション」と「新作ジュエリーコレクション」●【アウターニットもビッグカモ!】「ウノピゥウノウグァーレトレ」の新作ニット2●【あの別注完売シューズがさらにリッチになって帰ってきた】「マグナーニ」のドレスシューズはひと味違う●LEONRECOMMENDS12いまどき不良いオヤジのこなし方「ディレイbyウィンアンドサンズ」のシャツ×「ディッキーズ」のパンツ●【大人なふたりを熟成させる魅惑の奥の細道】本格和食の店「小熊」が銀座に出没!?●★Specialcontents3★モテるジュエリーとオンナの本音●【タフでシックな鉄紺ダウンは要所の黒がキメ手です】「ナノ・ユニバース」で買える別注「デュベティカ」●【オヤジのコートに必要なのは軽快感と漂う色気】「ランバンコレクション」の2大アウター●【モテるスーツ&ジャケットにリッチなクロコレザー】オヤジをさらに格好良くエレガントに演出します!●【モテるダウンはちょいポップとちょいシック】「AKM」の新作ダウンコレクション●【使えて洒脱なダウンベストはモテるゴルフオヤジの相棒です】「パーリーゲイツ」の新作ゴルフウエア●【「艶感」「軽快感」「リッチな感じ」…すべてを秘めた大人チェスターです】「ムッシュニコル」の新作コート●【どっちがタイプ?“レトロ顔”と“イマドキ顔”】「ピレリ」のエクスクルーシブモデル●【ヤンチャでリッチな攻めの一手に“カモフラアウター”】「メッサジュリエ」のニューコレクション●【色気を醸し出すオヤジのご褒美ジュエリー】「SJX」が提案する新作モチーフチャーム●【モテるオヤジのアウターこそリッチに着流す、が正解です】「麻布テーラー×タトラス」の別注トレンチコート●【ウワサのちょい大きめリングで指先から色気を…】新ブランド「オングラン」の贅沢リングが登場●【“チョコレートブラウン”のソレが秋のデートを甘くします】「ジャケットリクワイヤード」×「ザネラート」の限定色ポスティーナ●【オヤジのダウンはドレス目線が鉄板です】「エトレゴ」のニューコレクション●【モテるオヤジの腕元は常に進化し深化する】あの「ヴィスコンティ」のウォッチコレクションが日本初上陸!●【モテるオヤジの相棒は遊べてキメられてシェアできる】「ムータ」の新作バッグ●【いま洒落たオヤジがあのパンツをはく理由!】「ディッキーズ」の冬の定番ボトムス●【大人のリラックスコーデにクールでリッチなWGブレスを!】「プルーヴ」の新作ブレスレット●LEONRECOMMENDS13こんなにも手間ひまかけて15万「ソフィス

作品情報

ページ数
468ページ
出版社
主婦と生活社
提供開始日
2014/11/13
ジャンル
雑誌

同シリーズ

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ