フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る。 日本サッカーが手にした知性 電子書籍版

  • フットボールサミット第21回 遠藤保仁、W杯を語る。 日本サッカーが手にした知性 電子書籍版
    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する『フットボールサミット』第21回目の議題は「日本サッカーが手にした知性」です。5大会連続5度目のW杯出場は日本サッカーにどのような変化を生むのでしょうか。98年予選敗退、02年ベスト16、06年予選敗退、10年ベスト16。初出場からの過去4大会を振り返れば、W杯は出場するものから勝利するものへ。かつて遥か遠くの夢であった優勝でさえ、いまの日本代表にとっては現実的な距離で計れるだけの目標となったのかもしれません。何もかも未知の領域であった初出場から、先駆者は手探りで学び、次世代に受け継がれ、さらに積み上げてきました。数多くの経験から得られた知識は、日本サッカーが手にした知性であるように思います。そして日本代表は、そんな日本サッカーの叡智を集約させた存在となるはずです。2014年、ブラジルの地で日本が手にするものとは何か、現在の選手たちの視線の先にあるものとは何なのでしょうか。これまでに歩んできたW杯の歴史を振り返りながら、日本サッカーにおける知性とは何かを考察していきます。

作品情報

出版社
カンゼン
提供開始日
2014/10/17
ジャンル
ビジネス・実用
連載誌/レーベル
サッカー日本代表の本

同シリーズ

この作品が好きな方はこちらもおすすめ