フットボールサミット第20回 ヴァンフォーレ甲府 プロヴィンチアの流儀 電子書籍版

  • フットボールサミット第20回 ヴァンフォーレ甲府 プロヴィンチアの流儀 電子書籍版
    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    サッカー界の重要テーマを多士済々の論客とともに議論する『フットボールサミット』第20回目の議題は「ヴァンフォーレ甲府プロヴィンチアの流儀」です。2014年、ヴァンフォーレ甲府はJ1の舞台にいます。過去、00年に経営危機の問題が表面化するなかで、消滅の瀬戸際にいました。それでも都市は一体となり、クラブを想う市民一人ひとりの手によって再建がはじまりました。そして10年以上の歳月を経て、クラブは12年のJ2で24試合不敗を記録し、優勝と3度目のJ1昇格を達成することとなります。13年のJ1残留によって、今期、クラブは初の3シーズン連続J1という夢への第一歩を踏み出しました。いまでは13期連続の黒字化を達成し、06年より1万人を超える平均観客数を集めるまでにいたっています。独自の手法で根づかせた理念と生み出された結果は県内を飛び越えて、地方クラブにとっての希望ともなり得ているように思います。それでは時間をかけて醸成された、今日の成果の陰にある努力とはどのようなものでしょうか。資金がなければ、サッカーは面白くならないのでしょうか、愛され続けることはないのでしょうか。クラブの“プロヴィンチアの挑戦”という言葉に甲府を支える人々の情熱が集約されているように思います。プロヴィンチアの代表として歩み続ける、そんなクラブの流儀を徹底的に掘り下げていきます。

作品情報

出版社
カンゼン
提供開始日
2014/10/17
ジャンル
ビジネス・実用
連載誌/レーベル
サッカー日本代表の本

同シリーズ

この作品が好きな方はこちらもおすすめ