e-World Premium 2014年6月号 電子書籍版

  • e-World Premium 2014年6月号 電子書籍版
  • e-World Premium編集部

    815円(税込)

    • 本作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。詳しくはこちら

    作品内容

    特集I朝鮮半島の地殻変動特集IIインド新政権の国家戦略を占う激動の予兆を見せる世界。米国は、中国は、そして日本はどう動く?新国際時代を生きる現代人に、気鋭の筆者・ジャーナリストの情報・解説を毎月お届け。PC・タブレットで読む新国際情報誌。●目次●[insight]幸せの国の砦(ブータンプナカ・ゾン)時事通信社・林イ孝●【特集I】朝鮮半島の地殻変動●・地政学的地殻変動進む東アジア韓中接近が生みだす衝撃とは拓殖大学大学院特任教授・武貞秀士●・国交正常化50年向け日韓が相互理解を米のアジアコミットに対し複眼的に判断を前駐日韓国大使/韓国外交院国際法センター長・申カク秀●・泣いて謝罪した朴大統領、なぜ?旅客船事故が警告した韓国国家システム誤作動新潟県立大学政策研究センター准教授・浅羽祐樹●・張粛清が告げる王朝崩壊の序章(5)祖父のライバル排除との関連は?崔竜海「左遷」の内幕とは関西大学教授・李英和●・秘密資金で習近平と金正恩が和解か「判定勝ち」裏に正男の仲介関西大学教授・李英和●・「3代目」にカリスマは宿るか「朝鮮速度」と「若くなる時代」毎日新聞社編集委員・鈴木琢磨●・動きだした中朝経済の動脈社会主義計画経済堅持と人民生活向上両立は可能か環日本海経済研究所調査研究部長・三村光弘●【特集II】インド新政権の国家戦略を占う●・13億人の将来託されたモディ氏インド人民党圧勝の背景を探る立教大学法学部教授・竹中千春●・右派モディ政権が発足経済重視、外交は「現実路線」─国内外の期待一身に時事通信社ニューデリー特派員・出井亮太●[infographieI]2014インド総選挙開票結果●[infographieII]南シナ海における中越の対立●[中国]習主席「早期退任説」の衝撃「反腐敗」の力不足露呈、3年後の党大会で?時事通信社香港支局長・西村哲也●[中東]パレスチナの分裂解消進む中東和平交渉は暗礁に時事通信社外信部・渡邊健作●[Economy]顕在化する人手不足対策を急げ喜んでばかりいられない新卒採用増の裏側信州大学経済学部教授・真壁昭夫●[国別好感度調査]「韓国は嫌い」─今年3度目の過去最高更新米重視は3・8ポイント増時事通信社政治部・石田麻菜●[食と外交]対中姿勢浮き彫りにした仏の習主席歓待オランド大統領、「日本重視」はどこへ?毎日新聞社客員編集委員・西川恵

作品情報

ページ数
71ページ
出版社
時事通信社
提供開始日
2014/06/07
ジャンル
雑誌

同シリーズ

作者の関連作品作者の作品一覧