何のための〈宗教〉か? 現代宗教の抑圧と自由 電子書籍版

  • 何のための〈宗教〉か? 現代宗教の抑圧と自由 電子書籍版
  • 島薗進

    2640円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    林立する新宗教教団と多発する宗教「事件」。現代社会にとって教団・宗教とはいったいなんなのか?天理教、金光教、真如苑、創価学会などを検証し、「支配と従属」の関係と権威主義を問い、そこからの信徒の「自立」の可能性を模索する。※この商品は紙の書籍のページを画像にした電子書籍です。文字だけを拡大することはできませんので、予めご了承ください。試し読みファイルにより、ご購入前にお手持ちの端末での表示をご確認ください。

作品情報

ページ数
243ページ
出版社
青弓社
提供開始日
2014/03/21
ジャンル
ビジネス・実用

作者の関連作品作者の作品一覧