僕は僕でよかったんだ 電子書籍版

  • 僕は僕でよかったんだ 電子書籍版
  • 奥地圭子

    1361円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    「学校に行かなかった32人の生き方カタログ」学校に行かず「東京シューレ」で育った、18歳から41歳までの32人のインタビュー集。シューレの25年の活動を振り返る年表や、教育ジャーナリストの矢倉久泰氏と奥地圭子による、教育を考える対談も収録。不登校・フリースクールのあゆみが分かります。今、学校に行かないで悩んでいる本人、学校に行かない子どもを抱えて悩んでいる親や祖父母の方へ、さまざまな生き方があること、また不登校が決してマイナスだけではないことが伝わってきます。少しでも楽しく生きるヒントに。(前書きの一部より)皆さんは、学校教育以外に、さまざまな教育が存在してきたことを、ご存知でしょうか。その一つに、フリースクールがあります。文科省の学校基本調査によれば、小中学生の不登校児童・生徒数は、一九七五年から増加し続け、ここ十年間くらいは横ばい状態で微減・微増していますが、十二万人台で高止まりとなっています。これに高校中退や高校の不登校の人数を入れると、少なくとも毎年約二十万人の子ども達が存在する社会なのです。この本は、この二十五年でどんな動きがあるのか、またその時期にいた子ども・若者で、当時のフリースクールを作ってきたOB・OGに登場してもらい、読み物としての二十五年の歩みをまとめることになりました。久しぶりにかつての子ども・若者達に会えたことは、何という感動だったでしょうか。みなそれぞれにすてきな存在になっていました。いろんなことがあったにも関わらず。いや、不登校にぶつかり、その経験が彼らを育てたのかもしれません…。

作品情報

出版社
メディアシューレパブリッシング
提供開始日
2013/02/08
ジャンル
文芸

作者の関連作品作者の作品一覧