日本の公文書 電子書籍版

  • 日本の公文書 電子書籍版
  • 松岡資明

    1045円(税込)

    • 今後も対象作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定です。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。

    作品内容

    2011年4月、公文書管理法が施行される。はたして、日本は公文書を残していけるのか?国や行政法人の活動の記録である公文書を保存・公開するルールである「公文書管理法」。その成り立ちから、社会的・歴史的な意味、運用に当たっての課題、そして、一人ひとりの人間が生きた証としての私文書まで、民主主義社会を支える情報公開の仕組みと、日本の記録資料の現状を取材した日経新聞記者が書く体験的アーカイブズ論。巻末に、日本の公文書館一覧と参考URL一覧付。アーカイブズの海は、深くて広い。

作品情報

ページ数
228ページ
出版社
ポット出版
提供開始日
2012/12/28
ジャンル
文芸

作者の関連作品作者の作品一覧