蔵の中・子を貸し屋 他三篇 電子書籍版

  • 蔵の中・子を貸し屋 他三篇 電子書籍版
  • 宇野浩二

    616円(税込)

    • 本作品について、無料施策・クーポン等の割引施策・PayPayボーナス付与の施策を行う予定があります。
      この他にもお得な施策を常時実施中、また、今後も実施予定です。詳しくはこちら

    作品内容

    友達の忘れ形見を育てている団子屋佐蔵は、生活苦から幼い太一を商売女に貸し、その謝礼で生計を立てている。浅草を舞台として、銘酒屋の女と意気地のない五十男と孤児とが描き出す哀愁に満ちた「子を貸し屋」、雰囲気は庶民作家としての宇野浩二(1891‐1961)の真価を窺うに十分であろう。別に作者の出世作「蔵の中」他3篇を収める。

作品情報

ページ数
213ページ
出版社
岩波書店
提供開始日
2003/12/12
ジャンル
文芸
連載誌/レーベル
岩波文庫

作者の関連作品作者の作品一覧

この作品が好きな方はこちらもおすすめ